“器の性能で選ぶ”という選択。

※写真はイメージです(モデルハウス&施工実績の写真を使用)%e5%a4%a7%e9%98%aamh-3-1
%e4%bc%8f%e7%9f%b3mh-1-1

“器の性能で選ぶ”という選択。
知れば知るほど住みたくなる家、低燃費住宅の構造の秘密を公開します。

私たちは省エネ住宅先進国ドイツのノウハウを学び
グローバル基準の省エネ住宅=低燃費住宅をつくりました。

健康性能の重要性

私たちの低燃費住宅は、ドイツ基準の高品質。
難題に本気で挑戦し、ここ葛城市で遂に実現することが出来ました。

「四季があり、比較的温暖といわれている日本で、ここまでの性能が必要なのか?」

冬の朝、日本の家は寒さを感じます。
ところが、ヨーロッパでは無暖房で室内が16℃以下になることはありません。
その理由は寒いからでなく、16℃を下回ってしまうと身体に何かしら悪い影響を及ぼす危険があることが分かっているからなのです。

みなさんの住んでるお家やアパート、ご実家はいかがですか?

お家は、冬寒くて夏暑いもの・・・それは、本当は誤った認識。
『冷えは万病の元』と言われているように、動物でもある人間は寒さにとても弱い生き物なのです。
寒い季節は、特に家の中の温度差で亡くなってしまう、病気になってしまう方々が多いのです。
低燃費住宅はヨーロッパでの厳しい基準をクリアした家づくりを実現しています。

健康はお金では買えません。

人生の基本は家族。家族の幸せはみんなが健康であることが基本だと考えます。
そして、未来の子供たちのために健康・環境エネルギー問題を考えると日本の家づくりは変わるべきです。

%e7%a9%ba%e6%b0%97%e3%81%8a%e3%81%84%e3%81%97%e3%81%84-2

引き算のメリットその1:アレルギー対策
皆さんが「いいニオイ」と感じる新築の香り。
実は、建材に使われる接着剤や塗料のニオイなのです。
低燃費住宅は国産の無垢材や自然素材を使用した漆喰の壁を使用し、シックハウスの原因となるアレルギー物質や不快なニオイの素となる原因となるカビの発生を取り除きました。

 

%e9%a8%92%e9%9f%b3%e3%81%8d%e3%81%ab%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%84-2

引き算のメリットその2:騒音対策
交通量の多い幹線道路や鉄道の踏切の騒音。
ご近所さんとのトラブルの原因にも音の問題は深刻です。
低燃費住宅のダブル断熱構造やトリプルガラスのユーロサッシは騒音を外からも内からもシャットアウトします。
ご近所トラブルという精神的な苦痛や睡眠不足の原因を取り除きました。

 

%e6%b8%a9%e5%ba%a6%e5%b7%ae%e3%81%aa%e3%81%84-2

引き算のメリットその3:温度のバリアフリー
真冬の脱衣所や玄関にトイレ。
家の中で大きな温度差が生まれると身体の血管に大きな負担をかけてしまいます。
特に60代以上の方が入浴中に亡くなる原因は「家の中の温度差」によるヒートショックなのです。
低燃費住宅の断熱性能は国の基準の約4倍の0.7W/㎡・K、気密性能は1/6のC値0.3㎠/㎡。
家の中の温度差が原因で起こる健康リスクや不眠の原因を取り除きました。

 

%e5%9c%b0%e9%9c%87%e3%81%ab%e5%bc%b7%e3%81%84-2

引き算のメリットその4:地震対策
ローンの支払いが終わる前に老朽化で建て替え?
欧米諸国と比べて日本の家の寿命は半分以下。
これは劣化しやすい材料を使っていることと、気密・断熱性能が不十分で家が傷みやすいことが原因です。
30年程度の寿命では次の世代に住宅を資産として残すことができません。
低燃費住宅はシロアリや腐朽菌から家を守る「腐らない緑の柱」を採用しています。
大切な家族の思いが詰まった大切な資産であるマイホームに倒壊や耐久性に関する不安を感じさせません。

osorio-wind-farm-1403824_960_720引き算のメリットその5:省エネルギー対策
家の中も夏は暑くて冬はさむい。でも光熱費がかかるからガマン…
日本が依存する化石燃料の価格は上昇を続けています。
今後も産油国の紛争や新興国のエネルギー需要増などにより、急騰するおそれがあります。
また、環境への負荷を考えるとエネルギー消費を抑えることは必須ですが、我慢は心にも体にもストレスになります。
低燃費住宅は我慢の要らない省エネルギー性能とパッシブデザインで身体も家計もストレスを感じない設計なのです。

 

低燃費住宅とは・・・

健康エコロジー長持ちな住宅。
◉名前のとおり、少ないエネルギーでも温度・湿度を一定に保つことができる住宅です。
◉私たちが重視しているのは躯体性能=建物自体の性能。
エアコンや床暖房、太陽光発電などの設備や機器に頼らず、建物だけでエコロジー・健康・長持ちを実現しています。

未来の子供たちのために、この住宅を世界へ

子供や孫の世代まで長持ちする住宅で、エネルギー消費を抑えながら、より快適で健康的に生活する。
これを当たり前にしたい。すべての方に低燃費住宅で価値ある暮らしを届けたい。それが私たちの思いです。
住宅はすべての人が必要とするもの。省エネで快適な住宅が増えれば、社会全体がより省エネで健康的で豊かになります。
だから私たちは、家づくり=エネルギー問題のカギを握る”エネルギー産業”と考え、省エネ住宅で持続可能な社会づくりを目指しています。
そして、エネルギー問題は日本だけでなく世界の問題です。
私たちは低燃費住宅を日本に、そして世界にひろげていくため活動しています。

%e4%b8%ad%e8%b0%b7%e6%a7%98%e9%82%b8%e5%ae%8c%e6%88%90%e8%a6%8b%e5%ad%a6%e4%bc%9a-2
%e5%a4%a7%e9%98%aamh-1-3

「住宅=家族の心と身体を休める器」

家づくりにおいて、住宅という器そのものに必要な性能とは?
それは、健康な暮らしに不要なノイズを取り除き、家族の心と身体を休める器をつくる引き算の性能なのです。

低燃費住宅は家の性能を日本の基準の遥か上、EU基準まで”引き算の性能”を引き上げ追求しています。

私たちの造る家は「低価格」ではありません。

構成する全ての部材に一切妥協せず、今考えられる最高の気密性と断熱性能を追求しています。
太陽のエネルギーを最大限に活かし、光熱費を無駄に使用しないコンパクトな設計と優れたメンテナンス性でランニングコストを抑えます。
また、一般的な日本の住宅寿命の30年を大きく上回る80年以上の耐久性能を持たせ、その性能を活かせない人口減少エリアに家を建てることをお断わりすることすらあります。

この考え方で建てられた家は、住んでいる人の体温やローソクの熱ですら逃がさない魔法瓶の様な構造でエアコンに頼らずとも年中快適な室温に保つことが出来ます。
年間たった10万円の光熱費で33坪のお家に家族4人が健康で快適に暮らせる”低燃費という贅沢”な住まい。
低燃費住宅はそんな家づくりを提案しています。

80a93993d086ff29aeddee3ed40c3620

弊社はしつこい営業をいたしません。
モデルハウス見学のご予約は、お気軽に低燃費住宅 近畿オフィスへ。
下記のお申し込みフォームからもお気軽にどうぞ!
ご遠方のお客様には、抽選で10名様に書籍プレゼント致します。

お名前

ご住所

電話番号

メールアドレス

ご質問等がございましたらコチラへ

ページ上部へ戻る