豊中の現場ルナファーザ施工

施工の和田です

100年以上前からある商品って建築部材で

どれぐらいあるでしょうか?

ルナファーザは100年以上前からヨーロッパで

使われ続けている塗装下地の壁紙です。

紙に木のチップが埋め込まれていて模様になっています。

木と紙と土と石と鉄 コンクリートも建築部材として

100年以上前からありますね。

持続可能性のある商品が100年以上使い続け

られています。

未来の子供達のために残したい建物だと胸を張って

言える素材のこだわりです。

関連記事

ページ上部へ戻る