ローカル線に乗るの巻

こんにちは!ノッティです(^o^)

 

 

先日、滋賀県の南部エリアへ土地を見に行ってきました!

 

 

そしてその時に乗った『近江鉄道』。

JRじゃなくて、ICOCAも使えない。

というか私が乗り込んだ駅には切符売り場もありませんでした。(他の駅は分からないです。。。)

 

いつ、誰に、どうやって運賃を支払えばいいのか?

バスに乗る時のようなチケットを取るのかな?

 

そんな事を考えながら、1時間に1本の電車を待つ。

 

長閑な風景の中に佇む駅は木造で、古くなったからか改装中でした(^^)

でもその古くなった部分が味があっていい雰囲気でした!

 

 

しまった!写真を撮り忘れてしまった!

 

↑イメージ写真です。こんな感じでした(>_<)

 

私の記憶の中には鮮明に残っているのですが、なぜ撮らなかったのだろう(- -;)

しかも撮ったと思っていた写真が保存されていませんでした。

つらいです。。。

 

 

やっと電車が来て乗り込もうとドアの前に立っているのに、ドアが開かない(°_°)

 

両隣の扉は開いているのに、、、ナゼ!?

開閉ボタン無いのに、どうやってみんな開けたの!?

 

と焦りましたが開かないので、開いているドアから入ると、バスにもある、番号が書かれているチケットを取るシステム。

 

そういやバスだけじゃなくて路面電車もそうですよね!

 

 

 


ガタンゴトンと揺れながら、千と千尋の神隠しに出てきそうなレンガ造りの狭いトンネルを抜け、ゆったりと景色を眺めながら、JR線に乗り継ぎ、帰ってきました。

 

 

たまにはこういった景色を見たりするのもいいものだなと思った1日でした。

 

 

それと同時に、こういった場所でも低燃費住宅が建っていく事がとても楽しみです♪

 

 

 

そうそう、私の地元の駅にはSL(蒸気機関車)があるんです!

といっても展示されているのですがね(・ω・)

「ハチロク」というやつがあります!

 

さて、どこの駅でしょう~(o^^o)

関連記事

ページ上部へ戻る