現場下見

施工の和田です

今日は大阪府大東市で建築予定の現場確認に行ってきました。

低燃費住宅の土地探しは、建物の耐久性が抜群に良い為

人口減少による街の寿命が家の寿命より先に来ないように気をつける必要があります

残念なことに日本の街の寿命は人の寿命の半分(約40年)という地域が多く存在します

特に山を切り開き作られた街に建つ家は、多くが戸建持ち家で、一世代限りで消費され

一世代の家族構成とともに増加し減少していきます。

持ち家をローンで建てる方がほとんどでローンの組める世代が

同じ時期に同じ街に集まります。はじめは子供が増え周りにお店が増えます

20年後子供が大人になり街から出ていきさらに30年後一般的な住宅の寿命になります

建て替えて街に残る人もいるかもしれないですが、別の街に引っ越し空き家になる

事も多いと思います。街から人が減っていきます

郊外ではショッピングセンターとセットで山を切り開き宅地とセットで開発されます

しかし駅から遠いもともと山だった地域の40年後は20代から30代にローンを組んだ人が

60代から70代になり街と共にできたスーパー・学校・病院は老後より近くに必要な時に

無くなってしまってる可能性が高いです



上の図は、低燃費住宅のセミナーでお馴染みの国土交通省国家の長期展望の資料です

生活関連に必要なサービスが人口減少によって成り立たない事がよくわかる図だと思います

今回の現場は駅と幹線道路が近く人気のエリアでした

40年後街が存在しているか、未来の子供達の家づくりには、必要な目線だと思います。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る