低燃費住宅って一体どんな会社なの?

低燃費住宅って何だろう?

どんな会社なんだろう?

という方が沢山いらっしゃると思います。

そういった方々のために低燃費住宅を

ご紹介しますね!

ドイツ在住の環境ジャーナリスト:村上敦氏との出会い

物語の始まりはここからスタートします。

ドイツ・フライブルク在住の

環境ジャーナリストの村上敦氏と出会い

日本の住宅に対する考え方を

見直すことになったのです。

村上 敦 Office Murakami

ドイツ在住の環境ジャーナリスト。環境コンサルタント。

日本で土木工学部、ゼネコン勤務を経て、環境問題を意識し、ドイツ・フライブルクへ留学。

フライブルク地方市役所・建設局に勤務の後、2002年から独立し、ドイツの環境政策、都市計画、エネルギー政策を日本に紹介する。

多様なメディアへの寄稿と企画協力、環境関連の調査、自治体/企業への環境コンサルティング、講演活動を続ける。

南ドイツの自治体や環境関連の専門家、研究所、NPOなどとのネットワークも厚い。

専門分野:

1.環境に配慮した自治体の都市計画、交通計画、住宅地開発計画

2.自治体レベルのエネルギー政策、気候温暖化対策

3.再生可能エネルギー動向

 

この図を見て下さい。

どうやら日本に存在するほとんどのお家は、

ドイツの建築基準法では最下位のお家ばかりのようです。

これが示す意味が分かりますか?

そう、つまり日本のお家は、

ドイツでは

建ててはいけないお家

だったのです。

 

日本の住宅の平均寿命は約26年

それほどに日本の住環境は悪い。

アメリカやヨーロッパと比べて長持ちしない家ということも

データとして明らかになっております。

海外の人が日本に来て不思議に思う事があります。

それは、

『なぜ、日本人は高いお金を出して、

ゴミになるようなお家を建てるのか?』

全くもって理解出来ないそうです。

でも、日本にいるとそれが当たり前になってしまっているので分かりませんよね。

でも、これが事実なのです。

私たちは、このギャップに驚きを隠せず、

こういうドイツのような家づくりを

しなければいけないと思い、

全国各地でセミナーを開催し、

普及活動及び一緒に働く仲間を探しました。

熱い仲間が続々と

セミナーや普及活動を行う事で、想いに共感した仲間が全国各地から沢山集まってきました。

また、私たちが目指すドイツからも視察が来るようになります。

先日は、ドイツ国交省のシンポジウム内(BAU 2017)にて、

日本で唯一、国際的な事例として『低燃費住宅』が紹介されました!

私たちの考え方が徐々に日本にも世界にも広がっている。

非常に嬉しく思います。

低燃費住宅のこだわり

 

健康エコロジー長持ちな住宅。

◉名前のとおり、少ないエネルギーでも温度・湿度を一定に保つことができる住宅です。
◉私たちが重視しているのは躯体性能=建物自体の性能。

エアコンや床暖房、太陽光発電などの設備や機器に頼らず、

建物だけでエコロジー・健康・長持ちを実現しています。

子供や孫の世代まで長持ちする住宅で、エネルギー消費を抑えながら、

より快適で健康的に生活する。
これを当たり前にしたい。

すべての方に低燃費住宅で価値ある暮らしを届けたい。

それが私たちの想いです。

日本の家づくりは変わるべき!
低燃費住宅で価値ある生活と持続可能な社会を。

私たちの家づくりでは以下の3点が最も重要だと思っています。

健康性能の重要性

冬に多くの人が家で亡くなっているのは先進国で日本だけです。
寒い時期、節約のため一部の部屋だけ暖かくしていると家の中に温度差が出来ます。これがヒートショックで心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす原因となっています。実は、私たちが住んでいる日本は交通事故よりも多くの方が住宅内でのヒートショックで亡くなっています。

省エネ性能の重要性

家の中も夏は暑くて冬はさむい。

でも光熱費がかかるからガマン…
日本が依存する化石燃料の価格は上昇を続けています。

今後も産油国の紛争や新興国のエネルギー需要増などにより、

急騰するおそれがあります。

また、環境への負荷を考えるとエネルギー消費を抑えることは必須ですが、

我慢は心にも体にもストレスになります。

 

耐久性能の重要性

ローンの支払いが終わる前に老朽化で建て替え?
欧米諸国と比べて日本の家の寿命は半分以下。

これは劣化しやすい材料を使っていることと、

気密・断熱性能が不十分で家が傷みやすいことが原因です。

30年程度の寿命では次の世代に住宅を資産として残すことができません。

これを見れば全てが分かる!?低燃費住宅の動画が完成しました!

この動画を見ればあなたも低燃費マスター!

正直、分かりやすいです!

是非、ご覧下さいませ。

終わりに

いかがでしたか?少しでも低燃費住宅の魅力が伝わっていたら幸いです。

もっと知りたい!という方やイベントに参加してみたい!

モデルハウスに宿泊体験してみたい!など

お客様の想いがございましたら下記フォームより

その想いを届けて下さい。

簡単な感想や意見でも頂けますと大変嬉しいです。

今後とも宜しくお願い致します。

 

関連記事

ページ上部へ戻る