HEMS研修

 

施工の和田です。

セスティナブル建築先導事業の補助金の兼ね合いで

HEMSを取付けることになり、器具の設定について

パナソニックさんに来ていただき実際に器具を動かしながら

教えてもらいました。4年前に建てた僕の自宅にも、MEMS

取付ています。HEMS(ヘムス)はホームエネルギーマネージメントシステムの

略で近い将来は家のエネルギーを何を何時にどれだけ何処から使うべきか

マネジメントまでしてくれるそうですが、今は何時何処でエネルギーを使ったか

もしくは電気を何時どれぐらい作って売ったかデータを見える化して省エネ意識を高めようという

ぐらいです。そもそも日本の家はもっとエネルギーを使ってでも温めないと

健康被害のリスクが高いのに節約の方が先走っています。

基本的人権18度以上28度以下の住環境が家の隅々まで担保されてから

節約すべきなのに順番がが逆です。

低燃費住宅を知る前に建てた僕の自宅は、約35坪の床面積を14畳用のエアコンが

フル稼働して24度から21度に家の隅々まで温めてくれています。

当時は賃貸のハイツから引っ越したので非常に満足していましたが、

ドイツに研修に行き

トリプルガラスとペアガラスの性能の違いを知ってしまい、

ただマニアの様にこだわるでなく施主様の資産を有効に使える

長い目で見れば逆に得になる。そんな理想的な建物が低燃費住宅だと確信しました。

関連記事

ページ上部へ戻る