震度とマグニチュードの違い

こんにちは!中山です!

23

 

地震といえば真っ先に思い浮かぶのは、ナマズですね。

そして、最近は地震が本当に多くなったように感じます。。。

携帯電話からのあのすさまじい警告音に何度びっくりさせられたか。。。(*_*;

テレビでも大きな地震になると「マグニチュード○○の地震発生」などと

テロップが流れます。

では、マグニチュードを震度とは何がどう違うのでしょうか?

簡単に説明すると、、、

🔴震度:地震の揺れの大きさ

🔴マグニチュード:地震のエネルギーの大きさ

ん~。。。イマイチ分かりにくいですね。。。

下の図でならどうでしょうか?

↓↓↓

b-img09

このようにマグニチュード(エネルギーの大きさ)だけではなく、

震源の深さや、震源からの距離も震度(揺れの大きさ)に深く関係してきます。

そして、実はマグニチュードは1大きくなるだけで、

エネルギーが32倍違ってきます。

つまりマグニチュード8の地震は、マグニチュード7の地震の32個分のエネルギーを持っていることになります。

s060116sec_c01

最後に、地震大国 日本という言葉をよく耳にしますが、

世界全体に対する日本の国土面積は約0.25%

その狭い国土に対して、マグニチュード6以上の大きな地震の発生回数は、

世界中の地震の1/5を占めます。(*_*;

2

日本は古来から何回も大きな地震を体験してきているのです。

いつ起こるか分からない地震。

油断しないで、普段から備えをしておきたいものですね。。。

関連記事

ページ上部へ戻る