Pickup

耐震基準ってなに?

更新がだいぶ途絶えておりましたが、久しぶりに『低燃費余話』。…
詳細を見る

最近の記事

ゴールデンウィーク特別イベント開催!!!

5月3日〜7日の5日間!大阪モデルハウスにて一周年記念祭『ドイツ祭り』を行います!!!

詳しくはこちら。

お問い合せは、TEL:0120-810-490 まで!

トップニュース!!!

民進党の蓮舫代表が2017年3月3日に

低燃費住宅の視察を行いました!

その時の模様が民進党の記事に

掲載されております。

【蓮舫代表がゼロ・エネルギー・ハウスを視察=千葉】

 蓮舫代表は3日、千葉県浦安市を視察のために訪れました。視察では「一般社団法人日本エネルギーパス協会」の今泉太爾代表理事と「低燃費住宅普及の会」の早田宏徳代表から説明を受けました。2人は、住まいの省エネ性、断熱性を上げ、太陽光発電などでエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下となるゼロ・エネルギー・ハウスの要件も満たしている「低燃費住宅」というブランドでドイツから工法を学び日本に普及させています。

https://www.minshin.or.jp/article/111077

蓮舫代表も驚きのリアクション!!!

フルバージョンは こちら

号外です!!!!!

ドイツ環境建設省主催の

国際的シンポジウムに

低燃費住宅のモデルハウスが

日本で唯一紹介されました!

ドイツエコセンターNRWと低燃費住宅で作り上げた

パッシブデザインによる、

高松プラスエネルギーハウス

2013年ドイツ連邦政府の

国交事務次官ハンス=ディーター・ヘグナー氏も

視察頂いております。


%e4%b8%ad%e8%b0%b7%e6%a7%98%e9%82%b8%e5%ae%8c%e6%88%90%e8%a6%8b%e5%ad%a6%e4%bc%9a-2

家を建てないという選択肢も、時には最良の判断。

例えば、先のことを考えてみる。

家を建てることで、老後もお金が残るか?

30年後、人が住んでいる場所か?

子どもが、永く住んでくれるか?大学卒業後戻って来てくれるか?

例えば、上棟式での伝統行事『お餅まき』

子どもは楽しかった思い出をしっかり覚えている。

思い出のある家には、帰ってくるのでは?

一番長く住まうのは、お子様。

理想の住まいとは

不快の無い空間と私たちは考えています。

冬場の足先の冷たさ、夏場の汗ばむ背中、梅雨のジメジメした感覚、

車が通る騒音、近くの工場からの臭い・・・

不快に感じている時、

何か

イライラしてしまっていることありませんか?

不快の無い空間こそ、

家が、住む人に与える役割と私たちは考えます。

家づくりを検討する上で考えるポイントを一冊の書籍にしました。

私たちは、ご縁を大切に考えています。

数に限りはありますが、ご希望の方には、

無料でお送りさせて頂いております。

ご家族との大切な家づくり

参考にして頂けましたら幸いです。

書籍 『 低燃費住宅2 』

書籍プレゼント お申込みフォーム

※同業者の方はご遠慮下さい。

最新のイベント情報は

こちらをチェック!

本が届く前に、動画で少しだけ

家づくりの考え方勉強しませんか?

『家づくりは、巣作りのようなもの』

専務  芝山 さゆり より

『家づくりの考え方』

低燃費住宅 創始者 早田 宏徳より

『ドイツの建築に出会って』

設計士 小林 直昌より

ページ上部へ戻る